• Making healthy snack for Cambodian children

    先月末、日本のゴールデンウィークに合わせて、日本から3名の方が、Nom PoPokのインターンシップツアーに参加してくださいました。ツアーは、東南アジア諸国における「学びの旅」を専門とする旅行代理店ピースインツアーさんが企画、実行してくださったものです。

     

    ツアーは、シェムリアップで行われ、

    1. 市場散策

    (カンボジアの伝統的なおやつ色々)

    (売店に売っているライスペーパーで作られた謎のおやつ、味は”蒲焼きさん太郎”)

    1. 市場で選んだ食材での蒸しパン作り

    (かぼちゃ、トウモロコシ、マンゴスチンの3種類に挑戦!写真は、最初の2味)

    1. 栄養教材の作成

    (カンボジア保健省から出ているカンボジアの子どものための食品ピラミッドの手作り版。アンコールワットの形なんです!)

    1. 市内の公立小学校での蒸しパン試食会と栄養教育の実施

    そして、

    1. 蒸しパン作りのために厨房を貸してくださった、BOSCO Bakery School さんの日曜学校に通う、近所の子どもたちへの、試食会と栄養教育の実施

    が主な内容です。

     

    2泊3日(とは言え、到着は初日の夜11時ごろ、最終日は午前のみでしたので、実施1日半)で、これだけの盛り込みよう。やっている(そして企画した)本人たちもびっくりです。

    初めてのツアーとあって、開始2、3日前から、私たちの中で緊張が始まっていました。でも、アイデア満載、経験豊富、そして何と言っても楽しいメンバーの皆さんとの時間は、瞬く間に過ぎて、ツアーが終わる頃には、もうひとラウンド(?)ご一緒させていただきたいような気持ちになっていました。

     

    市場での果物や謎の駄菓子の試食、驚異のスーパー教材作り、そのあとの乾杯と夜更けまで大笑いしながらの会話、始まるまでの(私たちの側の)緊張が嘘のような、充実のツアーとなりました。参加者の皆さんから、本当にたくさんのことを学ばせていただきました。

    Yさん、Cさん、Sさん、貴重なお休みを使って、数あるピースインツアーさんのツアーの中から、PoPokのツアーを選んでくださって、本当にありがとうございました!またお会いしましょう。皆さんと作った、トウモロコシ蒸しパンが、近々デビューします!!!

     

    次回のツアーは、8月・9月に予定されています。お問い合わせ、お申し込みはこちらから。