• Making healthy snack for Cambodian children

    PoPokとは

    PoPok は、カンボジアの子どもたちのために、美味しくて健康的なお菓子を製造、販売しています。 PoPok(ポポー)とは、カンボジアの言葉、クメール語で、雲を意味します。雲のように、身軽に、自由な発想で、子どもたちに愛されるお菓子をつくり、健やかな成長に寄り添いたいと考えています。

    カンボジアの抱える社会問題のひとつに、子どもの栄養不良があります。5歳未満児および学齢期(6〜17歳)の子どものいずれも、30%以上の子どもが慢性的栄養失調を示す「低身長」であるとされています。

    PoPokは、主に幼稚園や小学校に通う子どもたちが、食の安全や栄養をほとんど考慮されていない市販の菓子を多く消費していることに注目しました。子どもの食生活の大きな部分を占める菓子を通して、栄養や健康的な食生活の大切さを伝えたいと考えています。

    これまでの菓子に代わるものとしてPoPokの商品を食べてもらうだけでなく、長期的には、子どもやその親が、食生活全般において健康的な選択ができるようになることを目指しています。

    こんな商品を販売しています

    焼きドーナツ 蒸しケーキ クッキー
     
    シフォンケーキ エッグボーロ


    新着情報

    国立小児病院

      今月から、プノンペンにある、カンボジア国立小児病院(National Pediatric Hospital = NPH)に、PoPokの蒸しケーキを販売しています。   NPHは、国際開 …

    08/21/2019 /
    お知らせ, ブログ
    続きを読む

    栄養 ✖︎ アート

          先週から今週にかけて、JHP学校をつくる会(http://www.jhp.or.jp)のご協力のもと、プノンペンのCCHインターナショナルスクールで実施するアートクラブにて、子ど …

    08/18/2019 /
    イベント, ブログ
    続きを読む

    工事しました

    日本の学校では、夏休みが始まった頃でしょうか。カンボジアの公立校の夏休みは、9月と10月の2ヶ月間ですので、こちらではまだまだ授業が続いています。 実は、PoPokでは、6月から工房の工事をしていまし …

    07/27/2019 /
    ブログ
    続きを読む